9月12日ドル円トレード(2本)

グローバルな社会不適合者は毎日自由に過ごしている

9月12日ドル円トレード(2本)

こんにちは!今回はですね、9月12日のドル円相場のトレードをお送りいたします!

いやぁ、今週はわかりやすい上げ相場でしたねぇ~(笑)

週初めにどのように分析していたか気になる方はこちらからお願いいたします!

さてさて昨日アップした記事では週初めのシナリオをどう言う風にたてたか?について書きましたが、今回はそんな中、具体的にどこでエントリーをして入ったか?について書いていきます!

 

 

「え、どういうこと?」ってならないように1度僕の今週のトレードの基盤であり、全体図となったシナリオをご覧ください!

 

1時間足

 

まず、注目していただきたいのは、この赤線、赤四角の中にいた買い勢力に比べて、青線、青四角にいた買い勢力の方が弱い事。(ダウ、波形、様々な面から)そのため、一旦調整下落をするとみていました。この場合、大局は買い相場なので、長くは持てませんが。しかし深めの押しがくることは予想していました。白い縦線で売りエントリーをしましたが、実際ここを下位足で見ていきましょう!

 

 

5分足

はい、縦線で迷わずエントリーですね。下位足だけ見ていると、第1利確ポイントが黄色、2、3、4となってきますが、ストップ!(笑)

 

 

この波、1時間からの波ですよ(笑)そのため戻りをつくるのも1時間級。深めの押しを作るってことはまぁ1番下の青ラインは割ってくるだろうなぁって見ていました。

 

 

ではテイクはどこで止まると見てたの?って話なのですが、色々見方があります。まぁぶっちゃけ何を使って見るかなんて人それぞれお好みでって話なのでなんでもいいんです。だって見てるものは結局同じなんですもん(笑)

 

 

 

まぁフィボの使い方は違う概念というか、流石に理解するまで沢山の苦労、検証、損失を出して学んだので、無料で教えたくない内容です...👈申し訳ないです...でも本音です(笑)

 

 

しかし大丈夫です!!波形から同じものを見る方法を教えます!!

 

一旦1時間足に戻りましょう!

 

 

ほら、何か見えてきませんか?上昇力を失っている、深めの押しがくる、ということは?

 

 

ほら!ここ!!ここだよ!!あるでしょ!!戦った足跡が!!!

ここがテイクの第1利確ポイントでした(笑)ではなぜ第1利確ポイントで利食ったか?なんですがそれは第1利確ポイント内でフィナーレを起こしたからです。ここの売り勢力のテンションを具現化するとなるとジェットコースターの最後のやつですね。で、そんなガコーンって落ちた後はどうなるか?って話です。

 

 

もちろんこれ以上下落する可能性もありましたよ。でもですね。だからどうした?って思わないとダメなんです(笑)

 

 

そんなの結果論であり、自分のシナリオ外のものになります。つまり自分の希望や感情を相場に無理やり押し付けて希望論でチャートを見ていることになります。そしてテイク氏はそのような綺麗事は大っ嫌い(笑)

 

 

だからここで切りました。誰がなんて言おうと、僕にとっての最高のトレードはここで利確をすることだからです。これがテイクのトレードであり、僕の中のみで最高で最善のやり方だったんです。

 

2本目

売りと買いは表裏一体であることはご存知ですか?売りポジションを利確する場合、それは買い勢力側に回ることを意味します。

 

だったら利確した後すぐに逆ポジで入るのか?ってそういうことではなく、あくまでも自分の優位性がそこにあれば入るスタイルです。今回のドル円相場ではもともと買い、と見ていました。

 

 

そして深めの押しが来るってことはそれ、大口と一緒の波に乗れるってことなんですよね。だから利食った後は迷わず買いで入りました。

 

ここです!!一つ不安要素は週足レベルの戻り売りとなり得るポイントとも捉えられますので、ここは直近高値(青四角)の実体ヒゲ先間を利確ゾーンと捉えて買いで入りました!

 

 

実際ここは僕が利食った後も上昇して高値も更新しましたが、これまたどうでもいいこと(笑)

 

 

大切なことは自分のトレードをすることです。


スキャルピングランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です