【9月23日~9月27日】相場分析

グローバルな社会不適合者は毎日自由に過ごしている

【9月23日~9月27日】相場分析

ドル円週足だけ見ていたら予想と違った動きをしていましたねぇ~(笑)

まぁでもそれは下位足や実際に週が始まって様子をみたら柔軟に対応できます!

 

 

重要なことは、

 

自分の考えが全てではない

ことを理解しておくこと!

 

自分の考えが全てではないって何度も聞いた事あるかと思いますが、僕の周りでそれをほんまに実行できてる方って少ないんですよね(笑)5人いるか?いないか?ぐらいのレベルです(笑)👈実際僕もできない時が多々ある。

 

 

まぁある意味、概念がある時点でその人の固定概念が存在していて、逆に固定概念が存在するからこそ、解釈が生まれるので、絶対的に必要かもしれませんね。

 

 

僕は少なくとも自分が解釈をしているって解釈をしています。つまり自分を客観視するように努力しています。これ別にチャートがどうの投資のマインドとしてとかではなくて、人として生きるって意味合いで根本的な部分になりますね(笑)

 

 

周りにいませんか?詳しく知らないのに専門家よりもしゃべりだす類の連中(笑)別に全てを経験して熟知してからしゃべれって訳ではなくて、もう少し謙虚さもったら!?ってめっちゃ思います(笑)

 

 

重症になってくると投資について全く何も知らない人が僕に対して投資について語ってきますからね?(笑)あれはもう1周回って僕静かにうなずいてしまいましたもん(笑)清々しい方だなって(笑)

 

 

他にも僕実は帰国子女で海外に小さいころ6年住んでいたのですが、その住んでいた国の言語について全くその言語を学んだことない人が僕に語りだしましたからね?(笑)

 

 

まぁ帰国子女ネタはおもしろいのがホイホイ出てきますよ。思い出せないくらい。日本人は面白いです。

帰国子女だから:

・足が速い

・歌が上手い

・ルックス良い

・英語しゃべれる(これ固定概念の塊。海外では英語しか存在しないんですか?って話)

などなど。もちろんテイク氏は嫌な事を言われて傷ついたことは今でも忘れていません☆人を憎んで何になるって善人は言いますが、どうやってそいつらを愛せばいいのか僕にはわからないので☆

 

 

ただそれよりも許せないのは僕の同類ですね。日本で日本人にいじめられるのは海外で日本人が僕らにしてきたことを比べると平気でした。ちなみに帰国子女は3種類存在します。

 

・現地校

・日本人学校

・インターナショナルスクール

 

の3種類です。で、どれ帰国子女でどれがエセと呼ぶべきかはもうわかりますよね。そしてこの日本人学校勢力がですねぇ...(ここは割愛します)

 

 

あと僕マイナスの力をプラスの力に変換するのめちゃくちゃ得意なんですよ。投資を始めたのも恐怖が始まりですし。人とうまく関わろうと動き出した理由も心の中で憎しみがあるからですし。よく笑うのも本心は怒りの矛先が自分にしか向けようがないからですし。

 

 

まぁそんなことは置いといて相場分析...(笑)やっと本題に入ります!(笑)

 

 

~ドル円~

週足:

長い上髭を形成して先週は終わった。大局も下落だし、今週はこのまま下がるのかなって思うところ。深めの調整が入っているのが気になるポイント。そしてここまで来て、ほんでここで反転するにはなんか微妙だなぁって僕は個人的に思います。

 

 

日足:

この黄色いラインは先週から僕が言っているラインです!まぁここまで行くにもどっちみち一旦調整が必要ですし、今後の波形としてはこのラインまで上昇するのか?直近高値をクローズしにくるか?反転して下落するか?って感じですね。

 

 

4時間足:

こちらのレンジ内を見る限り、こちらの画像の最高値にあたる部分では、上昇する力が失っています。これは波形的にですね。皆様にアウトプットする際はなるべく中立てきな視点をお届けしたいため、ゼロチャートにしています。そのため何か特別なものを見ているか?ってそんなことなくて、割と真面目にこのゼロチャートをみています(笑)

 

 

1時間足:

レンジ内の下限値まで落ちて1週間が終了しましたので、今週の始まりは正直どう動くかわからなかったので様子見でシナリオをたてていました。4時間足などを見たら一つ下にある巨大なレンジに目が行くかと思いますが、その前に青いマーカーの部分でないかしら起きるかなぁって見てました。まぁどっちみちここではすぐ手を出したくないなって見ていました。

 

ドル円トレードに関しては次の記事で触れます!

 

 

~ユーロドル~

週足:

なんせあんな感じですので割愛しますが、直近の動きとしてこのような動きをしていましたね。で、これをパッと見て僕は一旦下限値まで行くのかな?って思いました。もちろん週足を見る限りではですよ(笑)

 

日足:

レンジで終わっっていますが、最後のローソク足が気になりますね。金曜日においては買いが若干強かったとも思い思えますが(実体が陽線で終わっているためです)しかし、ここってレンジ内ですよね?半値付近まで行って、そのまま戻されたとも解釈ができます。そして週足のことも考えて僕はこの時点で今週は全体的に売りとして見ていました。

 

 

4時間足:

下限値まで行って終わっているので、とりあえず調整上昇はくるかなって見ていました。あとはシンプルにどこで上昇力を失って、反転するかなぁって探るだけでした。これはさほど難しくはなかったです。

 

 

1時間足:

1時間足ではわかりやすいですね。これあとはどこまで上昇するのか?って見ながら待っていたらいいように感じました。もちろん逆行することもありますよ?でもそんなこと具体的には誰にもわからないんだから。僕は上位足のことや直近の波形、ローソク足なども加味して売り待機でした。


スキャルピングランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です