完璧なロジックとは?皆がやってしまう致命的なミスを紹介!

グローバルな社会不適合者は毎日自由に過ごしている

完璧なロジックとは?皆がやってしまう致命的なミスを紹介!

お疲れ様です、テイクです!さて今回は多くの負けトレーダーがやってしまう

 

 

自分で自分を負けトレーダーにしてしまう負のサイクル

 

 

について記事を書きます!

 

 

皆さんおそらく投資をやられると様々な商材に出会うと思うんですよ。

 

 

○○を使ったロジックで勝率○○%!的なやつです(笑)

 

 

そんなのでもちろん勝てないですし、理由は明確で、土台となる基礎を学んでいないか、もう一つめっちゃ決定的な事は実践していないからです。ある程度は得た知識の元で構築されたロジックでトレードされるかと思うのですが、数が足りないって意味で実践していないってことです。

 

 

典型的なパターンとして、負けが続いたからとか、勝率低いからって理由ですぐに違うロジックに移り、また負けてまた違うロジックに移っての繰り返しをしている事です。

 

 

でもこれってすごくダメなことなんです。まず1つ目の理由として、永遠に勝てるロジックなんて存在しないことです。だって上昇、下落、レンジの相場が存在する時点で、何か一つだけのロジックだけでは通用しない。ということです。

 

 

本当に必要なことはトライ&エラーの繰り返しをしていく過程で少しずつ自分の戦い方を磨いていくことです。この記事のアイキャッチ画像にもなっているPDCA。これがトライ&エラーになります。

 

 

P=Plan(計画)

D=Do(実行)

C=Check(評価)

A=Action(改善)

 

これらがPDCAの意味です。ちなみにこの原理は投資だけに関わらず、何事でも同じです。このような面でも全ての本質は共通している。だからこそ人としての基礎基本が最も重要である。と僕は思います。

 

 

想像してみてください。皆さんはチャーハンを初めて作ろうとググったとします。まずチャーハンに使う食材、作り方を学ぶと思います。しかしググって作り方や食材を知っただけでは美味しいチャーハンはつくれませんよね?

 

 

知るだけではなくて、自分で実際に作ってみる。そして最初の内は美味しいチャーハンは作れないと思います。もし1度目で美味しいチャーハンを作れてもそれを継続して何度もおいしく作れることはできません。

 

 

作ってみて自分の理想と違うからこそ評価するんです。「ここが良かった、ここがダメだった」って。そして次にもう1度チャーハンを作る時に前回の経験を踏まえて改善をするはずです。

 

 

このサイクルが非常に重要で、また何事にも共通していることです。そして投資以外でも何かしら練習したものがあるのならば、皆さまもこの過程を踏んでいます。誰しもが何かでこのような経験はしているでしょう!

 

 

でもトレードになったら多くの人は少し負けたから、うまくいかなかったからって理由ですぐ違う手法にうつってしまいます。これがもっともあなたの成長を妨げていることに気づかれたかと思います。

 

 

どこから手法のノウハウを仕入れて何を学ばれたかはわかりませんが、その得た手法を実際に使ってみて、壁に当たった時に改善しないとずっと負けトレーダーのままにとどまってしまいます。

 

 

僕がこのブログで手法を公開しなかった理由は、まず今回の記事で紹介した本質的な基礎部分に対して理解されてからじゃないと、どんな手法を紹介したって勝てないことを知っているからです。それでこの人の紹介するロジックは使えない、ちゃんとした知識がない、単なるアフィリエイターだ、だなんて言われたらたまったもんじゃないですしね。

 

 

でも安心してください!何も努力せずに最初から上手くできていた人なんて存在しません!そして僕も例外なく最初はダメダメな思考の元でトレードをしていました(笑)もし存在していてもその人はゆくゆく自分の大切な資金を吹っ飛ばしてしまう大惨事にあってしまう可能性も十分にありますので、逆に最初の内は負けた方が良いんです。

 

 

負けまくって改善しまくって自分のスタイルが構築されてからでも遅くないですし、むしろそっちの方が安全です。


スキャルピングランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です