レンジのトレード手法は十人十色!?大切なことは自分なりのやり方でトレードをすること!!

グローバルな社会不適合者は毎日自由に過ごしている

レンジのトレード手法は十人十色!?大切なことは自分なりのやり方でトレードをすること!!

どうもテイクです!

いやぁ風邪をひいてしまってしばらくダウンしていました(笑)

って報告だけしたかったのですが、せっかくですし何か良い事シェアできないかなぁって考えたところ、レンジ内の手法をシェアしようかなぁって行きついたわけです(笑)

注意:これはテイクの狙い方です。絶対的に正しくもなければ間違ってもいません。読まれる方は各々自分なりにカスタマイズしてください。

 

1.レンジの基礎基本トレード

おそらく多くの方もこのトレードをしているかと思います。レンジって皆さまが想像するように、ある一定の範囲内を動くことですね。形や呼び名は色々ありますが、その種類などについてはここでわざわざ説明することもないのではしょります(笑)

 

 

シンプルに上限or下限に到達したら逆張りでエントリー。利確ラインは下限か半値。

 

 

もしレンジ自身が上位足のもので、他にも強い節目がある場合、そこで利食いをしてもよし。

重要なことは勝つことなので、どこで利確するかなんて人それぞれです。

 

 

何が間違いか正しいかとかはありませんが、個人的に思うのは、もし自分の考えでトレードをしていなかったら、それは間違いですね。

 

 

2.レンジトレードをちょい応用

上にある1ではこちらの画像の赤枠のみにフォーカスしてトレードをした場合です。次に視点を1から広くして、大局ではこうなっていたとします。ダウが続くなら下落するかもしれないし、もし終わるなら反転上昇するし...って言ったところですね。ここではやり方が僕の中で何個かあります。

 

 

 

そのうちの一つが1で説明したように、上限下限で入っては切っての繰り返しをするトレードでした。もう一つはレンジ内にいつつ、順張りをしていくトレードです。

 

 

 

 

 

1つ目のやり方から少し変えて、大局の流れからして順張りなのだから、上限でエントリーして下限で半利確。残りの半分はレンジを抜けて元の流れに戻った時に伸ばしていくやり方です。

別に半利確ではなくて7割利確でもいいです。個人的に利益をなるべく確実なものにしたいので、利確する割合の方が、残しておく割合よりも多めであるほうが良いように思います。そうすることで、もし反転して全ポジションが損切になっても、ある程度の枚数は利確しているので、トントンになるか微益or微損で抑えられますし!

 

 

このようにレンジ内でも高安値を切り上げ下げたりするのもよく見かけます。僕はこのようなポイントでも入っていきます。もちろん全て入るわけではありませんが(笑)あとリスクリワードがあまり良くないので入っても控えめな枚数ですので、気軽に見れるというかなんというかです。

 

 

いかがですか?別になんら難しいことはしていませんし、特別なツールか何かを使っているわけでもありません。僕はどこまでいっても大切なのってこの値動きそのものであってインジがどーのサインが出たから、EAでなんちゃらとかではないと思います(笑)


スキャルピングランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

 

PS:6年前ぐらいからやってるクラクラ最近カンストしました(笑)もっと喜んでそれこそテンション上がるかと期待していたのですが、最後はなんかあっけなく。カンストした村を見てまぁうん。終わったかって思ったぐらいです(笑)何事も継続したら才能がなくても特別上手じゃなくても世界ランク程度なら狙えますよ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です