結局ラインは何が正解なの!?水平線?トレンドライン?プロトレーダーのラインの引き方!

グローバルな社会不適合者は毎日自由に過ごしている

結局ラインは何が正解なの!?水平線?トレンドライン?プロトレーダーのラインの引き方!

うわー...

ここで反転すると思ったのに...

どうも!フリマアプリで本物のヴィトンを売ったのに、偽物だ!って謎に文句つけられてしょげてるテイクです(笑)

 

 

今回は水平線とトレンドラインについて、また節目に対してどう考えたらいいの!?って疑問について書いていきたいと思います!

投資は節目探しゲームともいわれていますが、(Tさんはとりあえずよくそう言われています笑)その節目で反転するとか伸びるとかシナリオをたてたのに思惑と別方向に行って損切...ってな状況がありますよね?最悪なパターンはそれでちゃんと損切できずに、損切をダラダラと移動させてしまい、含損が膨れ上がり、再起できない状況に陥ること。

 

 

投資において1番大切なことはまず生き残ることです。そのため損切はとても重要になってきますが、中々できない人も多いですねぇ~。損切をダラダラと移動させてしまう主な原因は、エントリーした時の優位性、根拠を変更させて、違う優位性を無理やり見出していることです。(これについてはまた別記事で書きます!)

 

 

色々と学ぶことがある投資ですが、安心してください。全部簡単です。1つずつひも解いて学んでいけば小学生でも理解できる内容です(笑)そして今回は節目、つまりラインについて解説していこうと思います!

 

 

水平線について

まずこれをご覧ください!もしダウの捉え方がわからなかったり、曖昧でしたらこちらをご覧ください!

 

 

ピピっとラインを引いてみましたが、しっかり意識されていいますよね?ここでまずあらかじめ、ラインのルールを数個上げます

 

1過去の動きで効いた事実が必要

 

 

22回以上効いているラインには注意

(永遠に効くラインはないため)

 

だけです(笑)ね?簡単でしょ?って言った流れで1つずつ丁寧に落とし込んでいけば、必ず身に付きます。これは自身をもって言えますし、皆さまも経験をしています。後天的なもの全てはそれにあたりますね。生まれた瞬間から皆様は歯磨きをできたでしょうか?または今、歯磨きをすることに難しさを感じますか?おそらく無意識レベルでできますよね?(笑)反復練習ですよ。ひたすらやる。できるまでやる。そしたらできる。

 

 

話を戻して、ラインですが、まずルールはこの2つでいいでしょう。他にも見るべきもの、そして意識されるある意味「特殊な」ラインの引き方は存在しますが、それはまだ必要ありません。何度も言いますが、最初から高レベの強敵を倒せますか?最初から職人レベルの一級品を作れますか?(笑)無理ですよね?当たり前です。

 

 

これで先ほどの画像をもう一度見てください。明らかに意識されているラインが存在しますよね?(ラインのルールも加味しながら)そこでトレードをするとします。で、逆行したとします。それでいいんですよ。本気で。なぜならば、自分が買いor売りと見ていても、それは1トレーダーの意見なだけであり、それが絶対的な正解ではないからです。これはマルチタイムダウ(各時間足のダウによる目線の違い)と関わっています。例えばの話、1時間足で上昇ダウであったとします。そして5分足で調整下落を形成しているとします。そしたらどうなりますか?

 

 

1時間のトレーダー:上昇ダウだ!

5分足:下落ダウだ!

と、このように認識の違いが生まれてくるんです。これが流れと違う動きを突然生み出す(生み出したと感じる)理由なんです。でも実際の所、大枠の動きを捉えてしまえば、最高値で買いに入ったり、逆もまたしかりですが、そんなことはしなくなります。

 

 

でもこれがいつどこでどう起きるかなんて誰にもわかりません。だからレートが自分の思惑と逆行しても良いんです。その半分開き直っているような考え方でラインを見る方がちょうどいいです。絶対なんて存在しないので。

 

 

トレンドラインについて

 

トレンドラインには2つの引き方があります。1つ目はこれです。ローソク足の実体と実体を繋げて引くこと。

 

 

2つ目はヒゲ先とヒゲ先を繋げてラインを引く方法。

そして注意しなければならないのが、

1点目と2点目をつなぐラインの間には

何も触れてはいけない。ということです。

 

これがトレンドラインの主なルールです。

 

 

お気づきでしょうか?この時点で引き方が2種類ある時点でラインに対しての意識が散漫していますよね?同じ時間軸のトレーダーでも見方が違う時点であやふやな要素が増してるんですよ。そういった意味でトレンドラインは僕は使いません。水平線でもヒゲ先派、実体派に分かれていますが、そもそも○○派に分かれているのが間違っているように感じます。ここで重要なのは自分がどうするか?ではなく、2種類の引き方があるって知識としてもっておくことです。

 

 

トレンドライン自身は使いますが使い方と見方が一般的なものと違います。

まぁ、これは流石に無料で解説したくないので、ご自身で考えてみてください(笑)

 

 

ヒゲ先で引くか?実体で引くか?人それぞれで、一概にどちらが正しくて、どっちが間違っているとかは言えません。またトレードは人それぞれの優位性で戦うことですので、自分にあったやり方を見つけるのが1番です。まぁある程度の常識的な引き方もありますが笑

 

 

常識的と言いましたが、おもしろいぐらいに他の投資ブログとかなんやらで解説している人がいないので、ある意味非常識なのかな?(笑)まぁでもプロは引いていますね。

 

 

ヒントはヒゲと実体ですよ。この2つについて考えてみてください。何かが見えてきますよ。

 

 

何事も反復練習が必須であり、基本中の基本です。投資もラインも例外なくそうです。ぜひこのラインのルールを用いて、チャートに最初引きまくってください!

 

 

ではまた次の記事で!

 

 

㎰: 時間足によってラインの引き方も若干変わりますよ(笑)

試しに日足で1日前の実体の最高安値、ヒゲ先の最高安値にラインを引いて

次の日どうなるか見てみてください!


スキャルピングランキング
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です